大阪の錦糸眼科でレーシック体験談> 錦糸眼科を選んだわけ


錦糸眼科を選んだわけ

品川近視クリニックと錦糸眼科の二つの眼科で初診検査を受けたので、レーシックはこのどちらかで受けることになります。さて、どちらの眼科でレーシックを受けるのか私自身悩みました。

品川近視クリニックの魅力は何と言っても料金が安いことです。やはり目は一生使う体の器官なので、お金をケチることはできません。やはり料金表の中で一番高いものを選び、安全に手術したいものです。

さて品川近視クリニックの料金表の中で一番高いのは、品川プレミアムZレーシックです。こちらは2009年8月現在、平日・日曜・祝日で22万円、土曜日だと22万5000円となっています。さらに品川近視クリニックでは、オークションで何らかのクーポン券が出品されています。

私が見たときは、品川近視クリニックのレーシックの手術受けた人限定の紹介割引券15000円引き券というもので、なんと15000円割引されるだけでなく、紹介者にも品川プレミアムZレーシックを受けた場合、紹介料として45000円振り込まれるらしく、そのうち38000円をキャッシュバックしますと書いていました。つまり、こちらのオークション出品者から割引券をもらい、この紹介者を通してレーシックの手術をすれば53000円もの割引を受けられるということになります。すると、実際に手術で支払わなければいけない料金は17万円程度で済みます。

一方の、錦糸眼科では品川近視クリニックのような派手な宣伝はしていません。ヤフーオークションで『錦糸眼科』と検索しても何もできませんでした。唯一、紹介割引制度というのもありますが、これは初診検査のときに紹介者の名前を漢字で書く必要があります。ただし、オークションで『錦糸眼科の紹介制度で名前を貸します』みたいな出品はなく、何らかの規制がかかっているのかもしれません。ちなみに錦糸眼科の紹介制度は、紹介者は1万円指定の銀行に謝礼が振り込まれ、紹介される側は手術代が1万円割引ということになります。

ちなみに錦糸眼科の一番高い手術の料金はイントラZWDレーシック、イントラAsphericレーシック、イントラTSレーシックで料金は33万円です。ただし、紹介制度を利用すれば1万円引き、さらに初診検査から2週間以内に手術を受ける場合、特別割引が利用でき1万円引きになります。つまり31万円です(2009年8月現在)

二つの眼科の手術料金を比較すると、品川近視クリニックの手術代金は錦糸眼科の約半額です。14万円もの差があります。普通に考えれば品川近視クリニックで受けると思います。

しかし、私は錦糸眼科を選びました。理由は、錦糸眼科は初診検査のときにカウンセリングの時間をしっかり取ってくれました。わからないことは何でも聞くことができました。また初診検査の詳しい結果についても教えてくれます。一方、品川近視クリニックは、たくさんの患者さんがいるので流れ作業でないと業務をこなすことができません。病院という場所ですが、中はかなりシステム化された工場のコンベアーのようです。流れ作業のため、医者も患者一人ひとりに時間をとることが出来ません。

言ってみれば、薄利多売をしているのが品川近視クリニック、客一人ひとりをゆっくりと見ていく、その分手術の料金が高いのが錦糸眼科といえます。

品川近視クリニックは徹底してマニュアル化されているので、スタッフの愛想はとてもよく、どちらかと言えば錦糸眼科の方が愛想は悪いです。でもゆったりとした中で、初診検査を受けることができたことは、自分自身、手術を受けるときの安心感につながっていくような気がします。14万円もの差があるのは、確かにお金の面で言えばきついです。また、14万円多く支払ったからといって、手術の結果が良いとも限りません。ここらへんは私自身のこだわりのような気がします。品川近視クリニック、錦糸眼科の二つとも受けて、特にどちらで受けたいという気持ちがなければ品川近視クリニックをおすすめします。

またお金がなくて金欠、できるだけ安くレーシックの手術を受けたいという方にも品川近視クリニックをおすすめします。より落ち着いた病院で検査、手術を受けたいということであれば錦糸眼科をおすすめします。